ムダ毛の自己処理デメリット!色素沈着やカミソリ負けについて考えよう!

shutterstock_293761352

ムダ毛を気にしている女性がまず行うのは自己処理ではないでしょうか?
若い女性もムダ毛を気にする時代になっているのですが、自己処理は自分で出来るムダ毛のケアになります。
しかし、その自己処理がデメリットを生み出しているようですが、どうしてなのでしょうか?特に顔脱毛は気をつけたほうが良いでしょう!

肌の色素沈着を進めてしまう!

自己処理としてよく使われるのはカミソリだと思います。
ムダ毛の処理で一度は使った事があるのではないでしょうか?
このカミソリでのムダ毛処理が、肌の色素沈着を促してしまう可能性があるのです。
カミソリは除毛する事は出来るのですが、皮膚も同時に削っているという事になります。
そこから肌が乾燥しやすくなってしまうのです。
カミソリ後のアフターケアを怠ってしまうと肌のトーンが暗くなってしまう恐れがあるのです。
また、カミソリで肌を傷つけてしまった経験はあるのではないでしょうか?
出血をしてしまうケースがよくありますが、これらも色素沈着の原因となります。

ムダ毛がなぜか濃くなってしまう!

毛の処理をしているのにも関わらず、ムダ毛が濃くなってしまった経験はありませんか?
毛はそもそも肌を守るために生えているものです。
それをカミソリで毛を剃り、肌を削っている事を繰り返す事によって毛は肌を守らなければ!という働きが出るのです。
そうなれば、もちろん毛は強くなろうとしますよね?
なので、除毛をしているのにも関わらず毛が濃くなってしまうのです。

肌への負担が大きい処理方法

自己処理はカミソリの他にも、毛抜きで一本ずつ抜くという方法などもありよく使われています。
それは簡単に出来る方法なので多くの女性は続けています。
カミソリをはじめ、毛抜きを使う方法もあまり肌にはよくないのです。
力強く引っこ抜く事で毛穴に負担を与えて傷つけてしまう事で埋もり毛が生え、肌が綺麗ではなくなってしまうケースもあります。

肌のケアを一番に考える!

このように自宅で出来る自己処理ですが、方法を間違ったりケアを怠ると肌を汚くしてしまうというデメリットが生まれてしまいます。
気軽には出来る方法ですが、肌にダメージを与えないようケアも忘れない方法で続けてみましょう。